2004年10月04日

米新聞だからと言って

アナン国連事務総長がイラク戦争は違法だったと明言。

これに対して、米紙ウォールストリート・ジャーナルが異議を唱えた。

「アナン氏の発言は、彼の立場がフランス、ロシアと同類であることを示している」

「そもそも安保理で、開戦に全会一致が得られなかったことが、それほど金科玉条に触れるのだろうか」

「国連は来年1月のイラク選挙で、指導的な役割を与えられたではないか。この発言は選挙を妨害しようとするテロリストに、まさに合法性を与えてしまったのだ」

ウォールストリート・ジャーナルはアメリカの経済紙。

日本でいえば、日経のようなもの。

立場はブッシュ政権擁護。

しかし、ジャーナリズムがこれでいいの?

批判精神が全く失われている。

開き直りの支離滅裂な方便で、ブッシュ政権を擁護する。

イラク戦争が違法だというのは、国連憲章に照らせば明らか。

その点で、アナン氏がフランス、ロシアと立場が同類というのは、少し違う。

フランス、ロシアは政治的判断により、賛成しなかった。

これに対して、アナン氏はフランス、ロシアが同意しないのであれば、安保理の決定がなされず、イラク攻撃は出来ない国連憲章の解釈からいって違法だと言っている。

次に安保理で開戦に全会一致の点。

これは5大国のうち1カ国でも反対があれば、開戦できないのが国連憲章の解釈。

同紙の見解は法なんて守るものか、と言っているようなもの。

最後に来年1月のイラク選挙で、国連が指導的な役割が与えられても、与えられなくても、違法であるか、ないかに影響しない。

同紙は、いくらアメリカの新聞だからといって、法を犯した自国の政権を擁護するのは間違い。

間違いは間違いとして糾(ただ)すのが、ジャーナリズムの役割のはず。
posted by madam at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧米メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

写真だけの新聞

ロシアの学校テロ事件で、ロシアの主要メディアが政権批判を敬遠しているという。

新聞の中には、1面に見出しをつけず、写真だけを掲載した新聞も。

傷ついたほとんど裸の少女を抱く父親の写真だけを掲載したのは、イズベスチア紙。

記事もない。見出しもない。1面に大きな写真が1枚だけ。

イズベスチア紙は、実質的経営者が金融財閥のポターニン氏で、コムソモリスカヤ・プラウダ紙なども発行しているという。

ロシアのメディア王?

だがプーチン大統領ににらまれているため、批判記事が書けない?

だから何も書かないで、写真のみに?

でも、この写真だけの新聞は、何も言わなくても、学校テロの凄まじさと何も書けないことを雄弁に語っている。

賢明な読者なら、察しがつく。

権力の広報担当よりは、よほどましな処置、と。

つい最近までソ連は新聞を利用してソ連全土を思想統制していたから。

かつてジャーナリストであったムッソリーニや、ナチス・ドイツなども、権力が新聞・メディアを利用して、思想統制した。

今でも北朝鮮では、マスコミが権力の意のまま。

「偉大なる首領様、将軍様」は、テレビキャスターが枕詞に使い、全土を思想統制。

ならば、これよりましなロシア主要紙。

でも、日本のメディアにはこうなって欲しくないが、テロに屈するなだけの論調では、ロシア主要紙のほうが、ましかも。

なぜテロに及んだのか、その背景に迫らず、掘り下げていないのは、よもや言論統制の動きに呼応してのことではないとは思うが・・
posted by madam at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧米メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月26日

米・大統領選でブロガー活躍

ブロガー、自分のブログを開設して、情報発信している人のこと。

私もブロガー。

ブロガーは全世界ですでに数百万人以上、毎日のように増えているという。

数百万人というが、私はブログを約40開設しているから、数百万人という数も延べ人数かも。

ブログは9・11テロ事件を機に広がったといわれている。

そのブログが今や大統領選で無視できない存在となっているようだ。

民主党予備戦でディーン前バーモント州知事が、これを使った。

ブロガーの間で支持を広げたことで、去る7月26日、大統領候補を指名する民主党大会で、利用することに。

ディーン氏は「ブログは生きている共同社会だ。将来は既存の活字や放送メディアを飛び越えて、政治の意見を伝達する、より重要な存在になるだろう」とブログの未来を語った。(朝日新聞)

既存メディアは安閑としておれなくなった。

ブログはただの情報発信ではない。
双方向発信で、情報の交流ができ、世論形成にまで発展する可能性がある。

そのためにブロガーを味方に付ける必要が。

アメリカの大統領選には、ブロガーが活躍することを戦術にしているほど。

残念ながら、私のところには、自民党からも民主党からも他の政党からも、お呼びがかかっていない。

posted by madam at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧米メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。