2010年11月18日

新聞、雑誌の読み過ぎに注意しましょう

尖閣ビデオ大爆発で轟沈(ごうちん)した管内閣

民主党が国を殺す

管外交が日本を滅ぼす

日本がどんどん沈んでいく

すごいなあ。マスコミが記事につける見出しを見ていると、日本という国が明日には地球上からなくなっているような、いや、なくなっているに違いないという気持ちになる。

と、天野祐吉さんが朝日新聞のコラム「ことばが浮いていますよ」(11月17日付け)で述べている。

新聞、雑誌、テレビは見出しで、読者、視聴者を引き付ける。

雑誌を売るため、視聴率を稼ぐため、メディアは必死。

売れなきゃ、社員の給料払えず、社員と家族の生活、明日からどうするの?

「また言ってらあ」と、読者が反応しているうちなら、まだいいが、いやよくもないが、それをまさか信じてしまう読者もいるから、購読者のみなさん、新聞、雑誌、政治漫画の読み過ぎに注意しましょう。

薬にも、注意書きがあるのに、雑誌にも、それ書かなきゃ・・

ーー

頂いたコメントに対するレスです。

>読まないほうがましですね。それとテレビも。

それに踊らされてしまう読者、視聴者がいますからね。

特に免疫のない若者が、おかしな政治漫画を読んで、まともに鵜呑みしているから、困ったものです。

>売るためには、視聴率あげるためには、なんでもやってしまうメディア。

売れればいいんですよ。

これもそれも、みんな会社の利益。 儲けなければいけないから、センセーショナリズムになってしまうんです。

>メディアの社員の給料高すぎ。待遇いいことが、その待遇を失いたくなくて、ジャーナリズム精神をも捨てるのか?

戦前の朝日新聞は、行け行け戦争賛美で、発行部数伸ばして儲けたのだから、戦争様様、それで高待遇にできるのでしょ。

>活字離れ、本や新聞を読む人が少なくなったのはこういう商業主義で活字を飯の種にしてきた連中のせいなんですよね

で、しょう。

売れなきゃ、儲けなければ、明日の生活どうするの、です。

>まさに、日本という国が明日には地球上からなくなっているような、いや、なくなっているに違いないという気持ちになりますよ。

ひやー、日本が沈むんですよ。雑誌によれば。

さっそく明日にも銀行でお金下ろして、30階建てビルの一番上で住まないと、そんなビル、この田舎にありません。
posted by madam at 22:18| Comment(14) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

特集「いちからわかる北方領土」

2010年11月7日付の朝日新聞、朝刊の3面に特集「いちからわかる北方領土」が掲載された。

この内容で、本当に一から分かるのだろうか。

特集では、国境の変遷を地図で紹介している。

1855年、日露通行条約では、択捉島とウルップ島の間の国境をそのまま確認。

1875年、樺太千島交換条約で、サハリンをロシア、千島列島を日本のものにした。

千島列島はカムチャッカ半島の近くまでいっている。

1905年、ポーツマス条約、日露戦争終結時の条約では、サハリンの南半分が日本のものとなった。

1951年、サンフランシスコ条約で、日本はサハリンの南半分を放棄。

そして北方領土四島までを日本領として描かれ、その他の島は放棄したことになっている。

この地図の説明では、この時点で、日本人は四島が日本のものと思ってしまう。

そう思わせている。

しかし、本文を読むと、少し事情が違う。

1956年、日本とソ連は、日ソ共同宣言を結び、国交を回復した平和条約締結後に歯舞、色丹ニ島を日本に引き渡すことが決まった、とある。

これで、決着がつくはずが、そうならなかった。

朝日新聞の説明は、「冷戦を背景に米国が強く牽制。保守合同で55年に生まれた自民党も四島返還を党の方針としたため、平和条約はできなかった」とした。

この説明は十分ではない。

元外務省の佐藤優さんは、アメリカのダレス国務長官が日本政府に対し、「北方ニ島なら、アメリカは沖縄を返さない」と迫ったと言う。

それでは、二島を返還するつもりのソ連も、態度を変えることは目に見えている。

それで、前原誠司・沖縄北方担当相(当時)が、「不法占拠」発言すれば、二島返還ですら、ますます遠ざかることぐらい、誰だって分かりそうなものだが、大臣に本当に解決しようという意志があるのだろうか。

地図だけ見れば、読者を北方領土の理解について間違った方向に導く。

それが国民世論となって、ますます北方領土問題の解決を難しくする。

読者もリテラシーを高めたい。
posted by madam at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

3人のパネリスト

シンポジウム「社説を語るー言いたい!聞きたい!朝日新聞」
(2004年10月19日)

「いつも朝日が正しいなどとは思いません」

朝日新聞論説主幹の若宮啓文さんが基調講演の中で述べた。

良い心掛けだと思う。

パネリストの一人、作家の山本一力(いちりき)さんは社説を読まない。

読まないのに、社説について云々言う。

パネリストとして相応しいの?

もう一人のパネリスト、草野厚・慶大教授も「読まずに批判するのはちょっと」と指摘。

でも、この草野さんもまた「ちょっと」だ。

「イラク戦争に反対した朝日は、大量破壊兵器が見つからない今、戦争に大義がなかったといわれる・・開戦直前の・・社説ではフセイン大統領が去れば、戦争は回避できると書いるんですね。矛盾では?」

何で?

アメリカ開戦の反対がフセイン支持を意味するものではないのに、そう理解した読者が朝日に批判の投書をしたり、教授のような頭脳でも、そう理解しようとするのがおかしい。

草野さんは「小泉首相の靖国公式参拝を厳しく批判するなら、同様に中国も批判しないと」と、ここでもおかしいことを言う。

同様とは何をさすのか?

分かったようで分からないことを言う。

精神科医の香山リカさんは、いい感性している。

「大義とか当たり前のことをまず大事にする姿勢は非常に心強く・・」

後は新聞を参考に。
posted by madam at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

なる前に参拝したか

朝日新聞社説04年10月14日「棒読み首相への再質問」

小泉首相が臨時国会の代表質問に用意された答弁資料を棒読み。

朝日新聞は首相に再質問した。

「日中両国の首脳の相互訪問が途絶えたままの状態を残り2年の期間中に変えるつもりはあるのか」

「外交面だけでなく、経済面での悪影響も懸念する声が強まっている」

「首相が重んじる『国益』と靖国神社参拝とに、どう整合性がとれているのだろうか」

その通り。

だが、突っ込みが足りない。

小泉首相は個人の信条を曲げるつもりはない。

いかなる悪影響があろうとも、個人の信条を強調するなら、政治家になる前に靖国神社に参拝しているのか。

総理大臣なる前はどうなのか。

その点を突っ込むべきだ。

かりに政治家になってから、靖国参拝をしているなら、票ほしさにやってるだけ、となる。

それで揺るがない個人の信条とは、いったい何なの?

小泉首相の靖国参拝が続くようであれば、せっかく新思考路線をひく中国政府は譲歩できないように追い込むだけ。

朝日新聞は日本を代表するクオリティー・ペーパー。

政権と緊張関係を持って、是非ともその点を質(ただ)して欲しい。

小泉首相のいう個人の信条がどれほどのものか、朝日新聞は小泉首相の個人の信条を世に明らかにしてもらいたい。
posted by madam at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月21日

朝日の五輪報道

朝日新聞紙面審議会04年度第3回は五輪報道がテーマ。

佐藤俊樹委員(東京大学教授)

社外筆者の記事「沢木耕太郎のマルーシ通信」は、自己陶酔型の記事が多く、特に女子マラソンを取り上げた8月24日朝刊「高橋の影に打ち勝った」では、「取材する側がでしゃばりすぎではないか」との印象を持った、と。

絵画でも画風がある。

画風によって、画家が分かる。

応接間には飾りたくない、あのグロテスクなシュールレアリズムは、知っている人は、サルバドール・ダリだとすぐ分かる。

色使いの鮮やかな記号のような幻想シュールは、ホアン・ミロの特徴。

何なのあの絵は、小学生でも描けそうな絵。

作風はもはや好みというほかない。

ダリがコンテストに出品した作品が落選、ダリがその地位を築くと、落選作までもが、後世評価される。

沢木耕太郎さんの自己陶酔型は、沢木さんの持ち味。

自分で自分の書いた記事に酔ってしまうような書きぶりが、鼻につく読者もいるようだ。

しかし、これこそ好みの問題。

五輪報道で問われるのは、金メダルラッシュの報道一色で、隠れてしまった記事のほう。

金メダリストが誕生していなければ、1面トップに掲載されたであろう記事もあった。

何も事件がなく、ニュースが五輪報道で終われば、日本も世界も平和ということ。

そうであるなら何も言うことはあるまい。
posted by madam at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月31日

触れなかった日本の五輪休戦拒否

朝日新聞社説04年8月31日「アテネの原点を北京へ」

「原点を見つめ直す良い機会になった・・まず平和の祭典と原点だ」

「イラクでは戦闘が続き、ロシアでは旅客機が爆破された・・五輪開催中の休戦の呼びかけは実らなかった」

五輪休戦の呼びかけは、国連決議で採択された。

圧倒的多数で。

世界の180カ国が、五輪休戦に賛成し、署名、休戦を呼びかけた。

しかしイラクで戦闘は続いた。

それはそうだろう。

アメリカは五輪休戦に賛成していないからだ。

五輪停戦には、アメリカを含め、世界の11カ国が同意していない。

大多数の国が五輪停戦を呼びかけても、アメリカは世界の声を無視した。

そして、この11カ国には、驚くことに日本も含まれる。

日本はアメリカの意向に沿うように、五輪休戦の署名に拒否した。

アメリカに、どこまでも従順なのであろう。

しかし問題は、朝日新聞の社説で、日本が五輪休戦に賛成しなかったことに、触れなかった点である。

世界の大多数の国による「五輪開催中の休戦の呼びかけは実らなかった」と、いわば他人事のように言っているが、肝心の日本は、その呼びかけに賛成していない。

朝日新聞は日本を代表する高級紙。

その朝日ですら、この点を触れないのは、ジャーナリズムの怠慢というほかない。

昨日、この問題を書いたばかりなのに、朝日新聞は、僕のブログを読んでいなかったのか。まあそうだろう。
posted by madam at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月30日

五輪停戦に反対の日本

アテネ・オリンピックが終わった。

期間中、どの新聞も一面には、オリンピックで活躍する選手が大きな写真で、トップを飾った。

日本を代表する一般紙が、一面を大きく割いて連日オリンピックのニュース。

スポーツ新聞かと思うほどだった。

まあ暗いニュースよりは、明るい話題のほうがいい。

世界で戦争があるよりは、世界中がスポーツで競い合ったほうが、はるかに平和でよい。

しかし現実はというと、暗いニュースがあっても、報道しないだけではないのか。

8月14日、ブレア英首相、ドイツ大統領、ポーランド大統領を含む各国の指導者が、オリンピックの開催に合わせ、アテネを訪問した。

市内の国際五輪停戦センターで開かれた記念式典では、各国の指導者、各国元首や王族、首相らが、五輪停戦の理念を推進する宣言に署名した。

このほか、クリントン米元大統領やローマ法王ヨハネ・パウロ2世ら各国の政治指導者や著名人450人以上が署名している。

米元大統領も・・

アテネ五輪期間中の停戦を求める国連決議に、オリンピック停戦協定に賛成し署名した国は191カ国。

しかし停戦協定に賛成しない国もあった。

わずか11カ国だけだが。

その国はアメリカ、そしてこともあろうにも日本も。

日本は五輪停戦に反対だと?

オリンピックは平和の祭典。

その神聖な祭典を汚すアメリカや、何と何と日本の行動には、まさかまさか。

日本はアメリカが署名しないから、しないだけ?

日本は平和主義でなく、事大主義なのか

えーと、事大主義とは、勢力の強い者に追随して自己保身を図る態度・傾向という。
posted by madam at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一枚の写真

05年8月30日、朝日新聞一面トップに「党首討論会に出席した6党の党首たち」の写真が否応なく目に入る。

真ん中、中央の一番目立つところに自民党の小泉潤一郎首相、そして一番右端が社民党の福島瑞穂党首、右2番目が共産党の志位和夫委員長が立つ。

そして小泉首相と志位委員長の間に隠れるように、民主党の岡田克也代表の姿がやっとみえる。

そして一番左端に国民新党の綿貫民輔代表、小泉首相に次ぐいいアングル、その隣に小泉首相と挟まれるように公明党の神崎武法代表はやや目立たない。

一枚の写真が世論を呼び起こすことがある。

湾岸戦争の際、ペルシャ湾をバックに一羽の鳥が油まみれになった写真がある。

そこにキャプション・・内容は記憶にないが・・

パイプラインを破壊し、環境を破壊するイラクのフセイン大統領に憎しみを向けさせることを狙ったともいわれるが、何らかの意図が働いていたのだろうか。

1コマの映像が世論を誘導することもある。

ソマリアに初の強制力のある国連・平和執行部隊が派遣された際、米軍兵士が現地人に引きずり回された。

米世論はソマリアの平和のために行った米軍兵士たちがなぜ現地人から憎しみを買うのか理解できず、一気に米軍撤退に傾き、米政府はソマリアから米軍を引き上げた。

何の利益にもならない米軍を引き上げたい政府の世論誘導に映像を流したのも知れない。

郵政民営化をめぐる論争の一点に絞りたい自民党は、自民党対野党の構図をこの一枚の写真で示すことができたのでは。

民主党にとっては、どう見ても二大政党の写真になっていない。
posted by madam at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月22日

評価はまだ早い


朝日新聞社説04年7月21日「アロヨ氏の苦しい決断」

フィリピン政府への風当たりが強い。

イラクの武装勢力に自国の民間人を拉致され、フィリピン政府は軍を撤退した。

社説は「フィリピンの対応は人質を取った武装グループを勢い付けることになりかねず、賛同できない」と断罪。

そう言いながらも、フィリピンの置かれた事情にも触れて、少し擁護。

大統領が「海外労働者の保護」を公約しているからだ。

その点では、軍を引き上げたことにより、テロの被害に遭う危険性は低くなったのかも。

そもそもフィリピンの軍隊がどうしてイラクにいるの?

アメリカに言われていっているだけ?

それだから、イラク人質事件で、これ幸いに引き上げた?

米英軍はイラクの領土に勝手に入り込んだ。

これで米英軍はイラクの主権を踏みにじってはいないのか?

これにイラク人が抵抗することがテロといえるのか?

民族自決の原則はどうなってしまったのか。

それでフィリピンはテロに屈した?

その評価はまだ早いのでは?

テレビ報道で、アロヨ大統領が人質家族の手をしっかり握り、励ましていた光景を見た。

日本の首相はどうだったか?

政府は自己責任を唱え、人質バッシング。

この包容力の差。

左翼か右翼かではなく、寛容か不寛容か。

日本人自身がこの点を問われているのかも。
posted by madam at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月11日

核の番犬を強くする

2002.12.10朝日新聞社説

「核の番犬を強くする」

NTP(核不拡散条約)を支えるIAEA(国際原子力機関)は、「核の番犬」と解説。

本当にそうなの?

IAEAの追加議定書(97年)では、疑惑関連施設を立ち入り調査できるが、締約国はわずか28カ国。

では多くの国が加わる旧来の査察制度は?申告した施設しか立ち入りできない。

それで申告する人のいい国があるの?

これでなんで番犬?犬にたとえればさしずめチワワぐらいでは?

なお今イラクへの核査察は、IAEAの制度の例外措置で、国連安保理の決議に基づくもの。
posted by madam at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。