2010年11月01日

尖閣問題が資源論で対応を見誤るな

天然ガスは地球に優しいクリーンな資源。

二酸化炭素の排出も、窒素酸化物も、石油に比べ、少ないようだし、地球温暖化の防止、大気汚染の防止に効果が高いらしい。

この天然ガスが尖閣の海底に眠る。

ーー

日本が抱える領土問題に北方領土があるが、こちらは条約、協定があり、この文書の効果や解釈で、日本のものか、どうか分かる。

ところが尖閣諸島については、取り決められた条約、協定というものはない。

そこで歴史を遡って、そこに法的意義を見出して、どちらのものかを見ていくことになる。

だが、こうしたものでは、外交交渉でどちらか一方の国のものになることは、まずない。

ハーグにある国際司法裁判所で、白黒決着ができるが、かりに中国が提訴しても、日本が応訴することはない。

また日本が提訴することもない。(したがって裁判で決着することはない。)

尖閣諸島は、領土問題ではないというのが、日本政府の立場だからである。

歴史を遡ると、子細は頭が痛くなるほど細かいが、かいつまんで言えば、日本政府は明治時代に無人島の現地調査を行って、閣議決定したことを主張して、日本のものだと言っている。

一方、中国はそれ以前の歴史を持ち出して、主張している。

1372年、日本で言えば室町時代に入った頃、琉球が明と朝貢関係に入ったが、釣魚諸島(尖閣諸島)は明の時代から中国領。

識者に寄れば、特に、日本が尖閣諸島を領土に組み入れた1895年は、日清戦争のさなかであり、中国の記憶では尖閣諸島問題=日清戦争の敗北の屈辱の記憶と結びついている。

だから中国が尖閣諸島を日本領土と認めることはあり得ない、ということらしい。

もう一つ。

1970年ごろから、尖閣周辺の海底に石油資源があるらしいことから、中国が領有権を主張した、と日本の政府、マスコミは言っていること。

この点について、愛知大学の加々美光行教授は、メディアの報道も、対中理解が基本的に不足していると指摘する。

なぜ中国が尖閣問題を持ち出してくるのか。

その理由は、歴史のなかでも国境や領有権という法的概念が中国に定着したのが19世紀末に過ぎないこと。

領海の概念も曖昧で、何より中国の国境線が欧米の圧力の下で引かれたことが背景にあることを挙げる。

さらに第二次大戦直後に尖閣諸島を米軍がなぜ占領したかは、中華人民共和国が成立する直前の国共内戦時から、国民党政権の親米政策を利用して、米国が台湾の帰属を常に曖昧にしてきたことと関係している。

こうした経緯を踏まえないと、資源論だけでは中国への対応を見誤ることになるから・・

だから、ケ小平の唱えた尖閣問題棚上げ論に、日本は合意していない、なんて発言して、日本の外務大臣、大丈夫かい?

日本政府が対中政策について、どこまでの見識を持っているのか、心配になってくる。

ーー

地中海に浮かぶ小国、マルタという国がある。

野生動植物の国際取引を規制する地中海産クロマグロで、昨年あたりテレビのニュースでよく目にした、あの国である。

マルタは地政学上の戦略拠点として、古くはフェニキア、ローマ帝国などに征服され、その後もナポレオン、近くは独立後、英連邦、ソ連にも、リビアにもついたことがある。

そのマルタのアービド・パルド国連大使は、国連総会で、深海底を人類全体の利益のために開発しようと提案した。

資源はどこの国にも属さず、共同財産とする。

尖閣諸島も、政治的知恵として、一時棚上げ、口にせず、将来、東アジア共同体の萌芽として、日中共同管理にする方向で知恵を絞ったらどうだろう。

先駆的実例として、EUにおける独仏共同管理の石炭鉄鉱石のように。
posted by madam at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

りょーくんが教えてくれたサイトやばいっ!
http://welps.net/kon/6ur1wsa/

女のコとイチャイチャしただけで、7万もらったよんヽ(*´3`*)ノ
このお金でブルーレイ買ってきまつwwwww
Posted by ウマ(゚∀゚)ウマ at 2010年11月03日 02:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。