2004年09月08日

写真だけの新聞

ロシアの学校テロ事件で、ロシアの主要メディアが政権批判を敬遠しているという。

新聞の中には、1面に見出しをつけず、写真だけを掲載した新聞も。

傷ついたほとんど裸の少女を抱く父親の写真だけを掲載したのは、イズベスチア紙。

記事もない。見出しもない。1面に大きな写真が1枚だけ。

イズベスチア紙は、実質的経営者が金融財閥のポターニン氏で、コムソモリスカヤ・プラウダ紙なども発行しているという。

ロシアのメディア王?

だがプーチン大統領ににらまれているため、批判記事が書けない?

だから何も書かないで、写真のみに?

でも、この写真だけの新聞は、何も言わなくても、学校テロの凄まじさと何も書けないことを雄弁に語っている。

賢明な読者なら、察しがつく。

権力の広報担当よりは、よほどましな処置、と。

つい最近までソ連は新聞を利用してソ連全土を思想統制していたから。

かつてジャーナリストであったムッソリーニや、ナチス・ドイツなども、権力が新聞・メディアを利用して、思想統制した。

今でも北朝鮮では、マスコミが権力の意のまま。

「偉大なる首領様、将軍様」は、テレビキャスターが枕詞に使い、全土を思想統制。

ならば、これよりましなロシア主要紙。

でも、日本のメディアにはこうなって欲しくないが、テロに屈するなだけの論調では、ロシア主要紙のほうが、ましかも。

なぜテロに及んだのか、その背景に迫らず、掘り下げていないのは、よもや言論統制の動きに呼応してのことではないとは思うが・・
posted by madam at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧米メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143523797

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。