2004年10月20日

3人のパネリスト

シンポジウム「社説を語るー言いたい!聞きたい!朝日新聞」
(2004年10月19日)

「いつも朝日が正しいなどとは思いません」

朝日新聞論説主幹の若宮啓文さんが基調講演の中で述べた。

良い心掛けだと思う。

パネリストの一人、作家の山本一力(いちりき)さんは社説を読まない。

読まないのに、社説について云々言う。

パネリストとして相応しいの?

もう一人のパネリスト、草野厚・慶大教授も「読まずに批判するのはちょっと」と指摘。

でも、この草野さんもまた「ちょっと」だ。

「イラク戦争に反対した朝日は、大量破壊兵器が見つからない今、戦争に大義がなかったといわれる・・開戦直前の・・社説ではフセイン大統領が去れば、戦争は回避できると書いるんですね。矛盾では?」

何で?

アメリカ開戦の反対がフセイン支持を意味するものではないのに、そう理解した読者が朝日に批判の投書をしたり、教授のような頭脳でも、そう理解しようとするのがおかしい。

草野さんは「小泉首相の靖国公式参拝を厳しく批判するなら、同様に中国も批判しないと」と、ここでもおかしいことを言う。

同様とは何をさすのか?

分かったようで分からないことを言う。

精神科医の香山リカさんは、いい感性している。

「大義とか当たり前のことをまず大事にする姿勢は非常に心強く・・」

後は新聞を参考に。
posted by madam at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。