2004年10月12日

大量破壊兵器がない、それがどうした

吾輩は子ネズミである。

猫ではない。

あるとされていた大量破壊兵器は、まだ見つかっていない。

というより、なかったとの結論がアメリカで出てしまった。

情報部員千人と千億円近い金や長い年月をかけた最終報告である。

吾輩はアメリカで出た結論を承知している。

だからといって、それがどうした。

先制攻撃は大量破壊兵器を前提としている。

その前提が崩れたなら、イラク開戦は誤りだということになる。

吾輩はそういう主張があることも承知している。

だからといって、吾輩が誤りを認めるわけはいかない。

吾輩はアメリカの開戦を支持したから。

内閣官房長官が大量破壊兵器が「ないということは非常に結構ではないかと思う」と、滑稽な発言をした。

まるで、大量破壊兵器があることを前提にイラク開戦を始めたことが、はるか彼方どこかのことのように、吹っ飛んでしまっている。

吾輩は不真面目な発言だと承知している。

しかし、他に言いようがない。

吾輩は誤りを認めるわけにはいかないからだ。

だから、開き直って、居直って、平気でおかしなことを言わざるをえなくなっている。

だからといって、それがどうした。

それでも、国民の支持が得られれば、良いだけの話。

国民の支持は得られる。

だって、自民党をぶっ壊す、郵政民営化を唱えてるか。

これを読むにあっては、朝日新聞10月8日、天声人語「吾輩は大量破壊兵器」を参考にしてくれ。

吾輩は子ネズミである。吾輩の正体は、言うまでもなく・・ばれたと思う。

☆  ☆

あるとされていた大量破壊兵器は、なかったとの結論がアメリカで出てしまった。

イラク開戦を支持してきた日本経済新聞は、小泉政権を支えてきたが、開戦の前提がなくなった今、これをどう釈明するのか。

聞きたいものです。
posted by madam at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。