2004年09月28日

1億円献金隠し事件

大方の人にとって、1億円を手することは、まずない。


そんな見たこともない大金を他人にあげる奇特な人が世の中にはいるもんだ。

自民党旧橋本派の平成研究会が01年、都内で日本歯科医師連盟から1億円を受け取ったとされる。

その収入を政治資金収支報告書に記載せず、02年3月に総務相に提出したとされる。

ヤミ金となれば、何でそうしたの?

この1億円献金隠し事件で、9月26日、東京地検特捜部は村岡兼造・元官房長官(73)を政治資金規正法違反(不記載)の罪で、在宅起訴した。

9月26日は日曜日にもかかわらず、お勤めご苦労様。

東京地検の職員の皆さんは、仕事をしたのだ。

これだけのスキャンダルにもかかわらず、世論の反応は鈍い。

新聞、週刊誌は、もっと事件に迫ってもいいものを、ほとんど触れずじまい。

なかには小泉首相による旧橋本派潰しの陰謀まがいの小さな記事もあるにはあったが・・

社会正義のために、東京地検は休み返上でやっているのに、今ひとつ盛り上がりを欠く。

告発された橋本龍太郎・元首相と青木幹雄・自民党参院議員会長は、不起訴。

野中広務・元自民党幹事長は起訴猶予となった。

野中氏は引退したが、元首相らは政治責任を果たす用意はあるのだろうか。

そんなつもりもなく議員にしがみつくなら、国民は声を上げて、プロ野球合併問題に反対するぐらいのエネルギーで、議席から引きずり降ろさねば。

しかし問題は元首相らの政治責任だけではない。

日本歯科医師連盟からの1億円が何の見返りがあってなされたのか、という点。

何もないなんて考えられない。

国の政策が、この団体の意向に沿う方向で、進められているのならば、貧乏人はいつまでたっても政治の光を当てられないことになる。
posted by madam at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。