2004年09月22日

プロ野球スト問題

新日本製鐵の藤原信義常務
「あれだけの高給取りがストをやるなんて、信じられない」

選手たちは金のためにストをやっているのだろうか。

財界では、保有企業の赤字垂れ流しを止めるには、合併はやむを得ないとの受け止め方が主流という。

ライブドアが買収すると言っているのに。

合併しても、05年から新規参入を認めれば良いのではないか。

奥田碩・日本経団連会長
「ストを打つのは分からないでもない」

見識だと思う。

トヨタの元社長は、視点が違う。

エンドユーザーを相手としているトヨタは、ファンの目を意識している。

住友金属工業の鈴木信里・常務執行役員(財務務部長)
「こうなる前にもっと労使間の意思疎通が必要だった」

そうだと思う。

経営者側は選手会に誠実だったといえない対応。

経済同友会のコメント
「複数の企業が新規参入を希望しているが、障壁を出来るだけ低くし、来春からでも新球団が、パ・リーグに参加できることが望ましい」

ファンの気持ちを代弁している。
posted by madam at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。