2004年08月30日

五輪停戦に反対の日本

アテネ・オリンピックが終わった。

期間中、どの新聞も一面には、オリンピックで活躍する選手が大きな写真で、トップを飾った。

日本を代表する一般紙が、一面を大きく割いて連日オリンピックのニュース。

スポーツ新聞かと思うほどだった。

まあ暗いニュースよりは、明るい話題のほうがいい。

世界で戦争があるよりは、世界中がスポーツで競い合ったほうが、はるかに平和でよい。

しかし現実はというと、暗いニュースがあっても、報道しないだけではないのか。

8月14日、ブレア英首相、ドイツ大統領、ポーランド大統領を含む各国の指導者が、オリンピックの開催に合わせ、アテネを訪問した。

市内の国際五輪停戦センターで開かれた記念式典では、各国の指導者、各国元首や王族、首相らが、五輪停戦の理念を推進する宣言に署名した。

このほか、クリントン米元大統領やローマ法王ヨハネ・パウロ2世ら各国の政治指導者や著名人450人以上が署名している。

米元大統領も・・

アテネ五輪期間中の停戦を求める国連決議に、オリンピック停戦協定に賛成し署名した国は191カ国。

しかし停戦協定に賛成しない国もあった。

わずか11カ国だけだが。

その国はアメリカ、そしてこともあろうにも日本も。

日本は五輪停戦に反対だと?

オリンピックは平和の祭典。

その神聖な祭典を汚すアメリカや、何と何と日本の行動には、まさかまさか。

日本はアメリカが署名しないから、しないだけ?

日本は平和主義でなく、事大主義なのか

えーと、事大主義とは、勢力の強い者に追随して自己保身を図る態度・傾向という。
posted by madam at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107838905

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。