2002年12月11日

核の番犬を強くする

2002.12.10朝日新聞社説

「核の番犬を強くする」

NTP(核不拡散条約)を支えるIAEA(国際原子力機関)は、「核の番犬」と解説。

本当にそうなの?

IAEAの追加議定書(97年)では、疑惑関連施設を立ち入り調査できるが、締約国はわずか28カ国。

では多くの国が加わる旧来の査察制度は?申告した施設しか立ち入りできない。

それで申告する人のいい国があるの?

これでなんで番犬?犬にたとえればさしずめチワワぐらいでは?

なお今イラクへの核査察は、IAEAの制度の例外措置で、国連安保理の決議に基づくもの。
posted by madam at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107302935

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。