2010年11月18日

新聞、雑誌の読み過ぎに注意しましょう

尖閣ビデオ大爆発で轟沈(ごうちん)した管内閣

民主党が国を殺す

管外交が日本を滅ぼす

日本がどんどん沈んでいく

すごいなあ。マスコミが記事につける見出しを見ていると、日本という国が明日には地球上からなくなっているような、いや、なくなっているに違いないという気持ちになる。

と、天野祐吉さんが朝日新聞のコラム「ことばが浮いていますよ」(11月17日付け)で述べている。

新聞、雑誌、テレビは見出しで、読者、視聴者を引き付ける。

雑誌を売るため、視聴率を稼ぐため、メディアは必死。

売れなきゃ、社員の給料払えず、社員と家族の生活、明日からどうするの?

「また言ってらあ」と、読者が反応しているうちなら、まだいいが、いやよくもないが、それをまさか信じてしまう読者もいるから、購読者のみなさん、新聞、雑誌、政治漫画の読み過ぎに注意しましょう。

薬にも、注意書きがあるのに、雑誌にも、それ書かなきゃ・・

ーー

頂いたコメントに対するレスです。

>読まないほうがましですね。それとテレビも。

それに踊らされてしまう読者、視聴者がいますからね。

特に免疫のない若者が、おかしな政治漫画を読んで、まともに鵜呑みしているから、困ったものです。

>売るためには、視聴率あげるためには、なんでもやってしまうメディア。

売れればいいんですよ。

これもそれも、みんな会社の利益。 儲けなければいけないから、センセーショナリズムになってしまうんです。

>メディアの社員の給料高すぎ。待遇いいことが、その待遇を失いたくなくて、ジャーナリズム精神をも捨てるのか?

戦前の朝日新聞は、行け行け戦争賛美で、発行部数伸ばして儲けたのだから、戦争様様、それで高待遇にできるのでしょ。

>活字離れ、本や新聞を読む人が少なくなったのはこういう商業主義で活字を飯の種にしてきた連中のせいなんですよね

で、しょう。

売れなきゃ、儲けなければ、明日の生活どうするの、です。

>まさに、日本という国が明日には地球上からなくなっているような、いや、なくなっているに違いないという気持ちになりますよ。

ひやー、日本が沈むんですよ。雑誌によれば。

さっそく明日にも銀行でお金下ろして、30階建てビルの一番上で住まないと、そんなビル、この田舎にありません。
posted by madam at 22:18| Comment(14) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。