2004年10月07日

ないものはない

ふざけたアメリカの大統領だと思う。

大量破壊兵器が存在しなかったとしても、フセイン政権を転覆させ、イラクを残虐な独裁者から救った、だと。

大量破壊兵器がイラク戦争の大義。

その大義が否定されると、次はイラクを残虐な独裁者から救った?

イラク戦争の大義は、どうなってしまったの?

大量破壊兵器はない。

ないものはないとして認めざるを得なくなった。

イラク国民が独裁者からの解放で歓迎すれば、まだ救いの道はあるが、この混乱で、イラクの人たちはアメリカにどういう感情を持っているの?

小泉首相はブッシュ大統領と一蓮托生?

小泉首相は大量破壊兵器つき、
「イラクは過去大量破壊兵器を使った」
「国連の決議に反して『ない』と証明しなかった」
「証明すれば戦争は起こらなかった」
で、「日本の判断は正しかった」と。

???

何で、ないものはないで、証明するのがイラクなの?

分からん話をしている。

この説明を聞いているだけで、こちらの頭がおかしくなる。

アメリカでさえ否定した大量破壊兵器で、新たなる大義を見つけ出したブッシュ大統領。

しかし、日本の小泉首相は、大義すらもなく、平然とイラク開戦の正当性を主張する。

どこか、頭の思考回路が外れていないのだろうか。

小泉首相は10月6日、東京・永田町の憲政記念館で行われた、憲政の神様・尾崎行雄(学堂)の没後50周年記念式典に出席。

その学堂は「何ら不正義を行はんと欲(ほっ)するものは、必ず他人の正義観念を疑う」と、亡命ロンドンから毎日新聞に寄稿した。

小泉首相は、学堂の言葉をどのように思っているのだろうか。

☆  ☆

こんな支離滅裂な理屈にも、日本経済新聞は首相批判をしない。

イラク開戦を支持した日経に、それができるわけもない。

イラク開戦をしたブッシュ政権に政策変更があったら、日本経済新聞はどうするのだろうか。
posted by madam at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本経済新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。