2002年12月11日

核の番犬を強くする

2002.12.10朝日新聞社説

「核の番犬を強くする」

NTP(核不拡散条約)を支えるIAEA(国際原子力機関)は、「核の番犬」と解説。

本当にそうなの?

IAEAの追加議定書(97年)では、疑惑関連施設を立ち入り調査できるが、締約国はわずか28カ国。

では多くの国が加わる旧来の査察制度は?申告した施設しか立ち入りできない。

それで申告する人のいい国があるの?

これでなんで番犬?犬にたとえればさしずめチワワぐらいでは?

なお今イラクへの核査察は、IAEAの制度の例外措置で、国連安保理の決議に基づくもの。
posted by madam at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 朝日新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月02日

国際連合の根本問題

国際連合は主権の間の自発的な協力を基礎に動いているに過ぎない。

武装したままの主権国家による協約上の機関が国連。

それゆえ国連が誕生しても、恒久平和を望むべくもなく、国家間で対立し、戦争が繰り返される。

国際連合の根本問題がそこにある。

「国連は加盟国の主権を尊重した上で、各国の行動の調和を図るための中心になるに過ぎず、そこでは軍備を持つことも、交戦権を行使することも、基本的には各国の判断に委ねられる」(奥田広隆著「平和の条件」)

「また国連は加盟国に対して命令を発する権限すらなく、平和を乱すなどの国家に対し、国連総会で勧告決議がなされても、勧告を受けた国は、度重なる非難にもかかわらず、ほとんどこれを無視して勝って放題にしている」(前掲書)

そもそも総会決議には順守の義務を負う国際法規としてみなされていない。

「法的拘束力を持つ安保理の決定では、加盟国もそれに従わなければならない強い強制力はあるが、それでも決定に加わる15の理事国のうち、米英ロ中仏の5大国は、国連憲章が改正されない限り、恒久的に常任理事国の地位にあり、拒否権まで与えられている」(前掲書)

国連は小国に対しては強制行動をとることができても、大国にはそれができない。

大国の平和侵害には、国連は無力であり、そもそもそうしたシステムになっていない。

これが国際連合の根本問題なのだ。

参考文献:「平和の条件ー世界連邦の目標と構想」(中日出版)
posted by madam at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月01日

世界連邦の目標

国際社会は相互に大使などの外交使節を交換し、外交関係を通じて維持される。

国際政治は国家の意思に基づき行われるが、国家間で利害の衝突が生じた場合、国家権力を背景に激しく対立し、行く突くところは武力行使に戦争まで発展する。

これにより問題解決が図られる。

まるで子供の喧嘩のように。

国際政治は力の政治。

世界連邦なるのもがある。

世界が一つの国、いわば世界国家。

この世界連邦の目標の一つは、この力の政治を法の支配に代えること。

国際社会における力の秩序ではなく、国家間における法の支配により、戦争をなくすこと。

国際社会が誕生して300年。

ヨーロッパに宗教戦争が勃発して、キリスト教社会から、近代国家が出来上がった。

この国際社会では、国家が最高の権威になっているから、問題が生ずる。

いわば国際社会は現代における戦国時代。

戦国時代に群雄割拠していた戦国武将が、主権国家における国家元首。

換言すれば、現代国際社会は21世紀のアンシャン・レジーム(旧体制)、21世紀の封建体制と言うべきもの。

国家の最高の権威をより高次の国際機関に権限委譲することが、恒久的な世界平和を実現できる唯一の方法。

そのシステムにすればよい。

国際社会は半ば無政府状態、無法社会。

これを世界連邦による世界政府、法の支配する国際社会に改革していくこと。

具体的には、国連総会を参議院として、人口比による衆議院を新たに設け、世界議会を構成する。

また国際司法裁判所を世界裁判、安保理を内閣として世界政府に。

このモデルはEU。

世界連邦の目標は、恒久的な世界平和を実現すること。

世界史から見れば、もうそこまで来ている。
posted by madam at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。